PROFILE of GIUSEPPE PICONE


イタリアで生まれた <ピッコーネ> ストーリー

トレードマークは “Archivio(小さな司祭)” 陶芸から始まった、遊び心あふれる創造性
1926年、ナポリの陶芸家として誕生。小さい頃から父の工房に出入りし陶芸の世界に魅せられ 、 父の後を継ぐ。敬虔なカソリック信者の多いナポリでは聖職に身をおくものが職業を持つことも多くジュゼッペの父が営む工房でもたくさんの司祭たちが働いていた。そのような環境に育ったことが彼の描くarchivio(アルチビオ=司祭)をモチーフにした由縁である。

その後 、ナポリ湾に浮かぶイスキア島に独自の陶芸工房を開き陶芸に専念する。イスキアはローマ時代から温泉の島として愛されてきた南イタリアの豊かな自然を持つ島でジュゼッペの創作に大きな影響を与えた。繊細な磁器とは違う素朴で暖かみを感じさせる陶器に、太陽が降り注ぐ明るい南イタリアを感じさせる色使いで絵付けをした、オリジナリティ溢れるジュゼッペの世界を創りあげた。

彼の顧客であったテキスタイルデザイナーからイラストを生地にプリントすることを勧められたこ とがジュゼッペ ピッコーネのファッションビジネスへの第一歩である。1960年、本拠地をローマに移しフラッグシップショップをオープンさせる。そののちモディット(プレタポルテ見本市)に出展。 アルチビオをモティーフに使った楽しい絵柄をハンドプリントしたTシャツが大評判になり、またたく間にニース、モナコなどのリゾート地をはじめ、世界各地で「小さなアルチビオ」は、センセーションを巻き起こす。

アーティスト “ジョゼッペ・ピッコーネ” が描く
キャラクターヴィジュアルを大公開!

創業当時白いTシャツにハンドプリントされ、ニース、モナコといったリゾート地を皮切りに瞬く間に大評判となったピッコーネのイラスト。世界各地でセンセーションを巻き起こした。

ブランドの顔でもある、アルチビオをモチーフにしたユーモラスなイラストアーカイブ。陶器の温もりを思わせる、暖かみのあるタッチと明るい色使いが特徴的。細部まで目にする人の心を惹きつける、ピッコーネならではの独自の世界観がお見事。