「ピッコーネの魅力を探る」

オリジナリティ溢れる“archivio”(アルチビオ)というニックネームの司祭のキャラクターがトレードマークとして使われているピッコーネは、上品で遊び心感じさせるイタリアン エレガンス カジュアルを展開しているブランドです。
そのピッコーネの基本テーストを生み出しているのが、イタリアのアーティスト“GIUSEPPE PICONE”(ジュゼッペピッコーネ)が創造する画(え)や陶器です。彼のテーストは素朴な優しさを感じさせ、多くの人々の共感を得ています。
ブランドのキャラクターは毎シーズン創り出され、アルキビオを基本にした新たなモティーフを、様々なテクニッ クでファッションに反映させたコレクションを生み出しています。

ピッコーネは・・・

・オリジナリティのあるデザイン
・価値観を感じさせるハイクオリティ
・完成度の高い物づくり
これらをポイントに、大人のオフタイムシーンを優雅に演出する商品をトータルに展開しています。

PROFILE of GIUSEPPE PICONE

1926年、ナポリの陶芸家の息子として誕生。小さい頃から父の工房に出入りし陶芸の世界に 魅せられ、父の後を継ぐ。敬虔なカソリック信者の多いナポリでは聖職に身をおく者が多く、ジュゼッペの父が営む工房でもたくさんの司祭たちが働いていた。そのような環境に育ったことが、彼の描く司祭をモティーフにした由縁である。
彼の顧客であったテキスタイルデザイナーからイラストを生地にプリントすることを勧められたことが、ファッションビジネスへの第一歩である。1960年本拠地をローマに移し、フラッグシップ ショップをオープンさせる。アルキビ オをモティーフに使った楽しい絵柄をハンドプリントしたTシャツが大評判になり、ファッション誌“ヴォーグ”の紙面を飾るなど、「小さなアルキビオ」はセンセーションを巻き起こす。彼の感性の表現方法は、画(え)や陶器の作品だけに留まらず、テキスタイルやファッションなど様々な分野に広がっている。デザイン意欲はまだまだ衰えず、現在も次々と独自のテーストを生み出し続けている。